経費精算システムでラクラク管理|オトク情報ガイド

女の人

ストレスチェックをしよう

3人のウーマン

今後はストレスチェックが必須になります

2014年6月に衆議院本会議で労働安全法の一部を改正する法案が可決されました。これは通称、ストレスチェック義務化法案と呼ばれるものです。専門医によるストレスチェックを行うことで、職場のメンタルヘルス対策の充実、強化をはかるもので、従業員50人以上の全ての事業場において義務化され、50人以内の場合も努力目標となります。2015年以内の施行が決まっていますので、該当する企業はどういった手順で、どの機関に依頼するかなど、事前に準備しておく必要があります。また、検査結果を通知された労働者が面接指導などを申し出たときには、事業者は医師による面接指導を実施しなくてはいけません。その結果次第では、作業の転換や労働時間の見直しなどを行います。

メンタルヘルスケアで健やかな職場に

ここ数年は、「ブラック企業」などという言葉も一般的になっていて、鬱や適応障害などで心を病み、休職や退職をする人が増加してきています。休職者や退職者が出ることにより、穴埋めのために他の社員の負担が増え、さらにストレスをかける結果となってしまったり、社内の雰囲気にも悪影響が出てしまったりすることも考えられます。休職者や退職者が出ることは雇用側にとってもリスクなのです。ストレスチェックの目的は、チェックすることによってメンタルヘルスの不調を自薦に防ぐことです。企業側が行わなければならない手続きや、手配など、確かに負担は増えるでしょう。でも、社員の心と身体のサポートのために必要な事なのです。医師や保険師の手配や、ストレスチェックが出来る社内環境作りの支援もしてくれる外部機関もありますので、そういった所に相談して実施するのもよいでしょう。