経費精算システムでラクラク管理|オトク情報ガイド

女の人

会社にあったものを選ぼう

男の人

提供形態で導入コストが違う

給与計算システムは企業にとって必要不可欠なもの、これらを導入するにあたってどのぐらいのコストがかかるのかを書こうと思います。給与計算システムはパッケージ版、クラウドに分けられ、パッケージ版ではそれを購入するときにかかる1000千万円程かかります。これはネットワーク機器などを入れた金額になるのでここまでかかります。一方クラウドでは月々の使用料によりその額約4万円ほどです。クラウドによる導入はまだ日も浅くこれから増えると予想されます。給与計算システムをクラウドにすることでネットワーク機器の破損をなくしより安全に給与計算システムを利用することができます。これによりコスト削減を実現、業務の効率化を図ることができます。

人数によって変わる仕様

給与計算システムはその企業の人数、つまり従業員数の違いでどれを使うかを決めると良いです。たとえば人数の少ない企業であれば100人以下の規模のシステムを利用する。大企業のように多ければそれに応じたシステムを利用するのが望ましいです。ですがシステムによってはすべての規模に対応というものがあり、これは人数が少なかろうが多かろうが関係なく使用することができます。パッケージ版でもすべての規模に対応しているものもありますが、クラウドのほうが対応しているものが多いです。また500人以下のものもあれば250人以上とさまざまなケースがあり、どのシステムを利用するかで規模が違いますので従業員数の規模はよくチェックをする必要があります。