経費精算システムでラクラク管理|オトク情報ガイド

男性

ストレスチェックをしよう

3人のウーマン

心身共に社員の健康を管理するために、企業側は健康管理が出来る環境を作る義務があります。仕事が原因で精神的な病を抱えてしまう人も多くいますので、健康診断の他にもメンタル面の健康をチェックする必要があります。

詳細を確認する

効率のよい社内管理方法

オフィス

お試しを利用して使いやすさをお得に確かめる

クラウド型の勤怠管理の特徴は、勤務時間や実績がデータで管理できるので計算や修正はもちろん休憩時間の変更や有給の申請、残業時間の管理がしやすくなるという事です。勤怠管理そのもの以外にも、経費の仮払いや交通費の清算、スケジュールに災害時の安否確認などの機能がついているものなどサービスはクラウド勤怠管理提供会社により様々です。料金はサービスの内容と機能や打刻機器により異なりますが、無料のものから1か月100円からの使用人数分の料金だけ払うもの、人数の上限付きで月額使用料形式など様々です。しかしクラウド型の勤怠管理はこれから広まっていく新たな管理システムなので、期間限定でお試しをしている開発会社も多く、無料でクオリティの高いシステムを体験できる場合もありますので、まずはシステムに触れてみる事をおすすめします。

クラウド型だから出来る事

今までの勤怠管理というと出社してタイムカードを打刻し、休憩や残業などは勤務実績表を記入し提出するといった形でした。しかしこれでは、出社して社内で仕事をする場合は問題ありませんが、仕事を行う場所や時間が毎回違う職種の方には非常に使いにくいものでした。ところがこれがクラウド型の勤怠管理となると、打刻方法自体もICカードをかざす、iBeaconシステムを利用し通るだけ、PCスマホからなど選べるようになります。これにより朝、会社や事務所からのスタートではない多くの職種にも対応できるようになるだけでなく今までのタイムカード式で問題なかった職種でも、会社に出社してからお客様の所へいく営業や、日をまたぐような遠くへの納品や出張時の打刻が可能になり、時間短縮がビジネスチャンスにつながるのです。また、勤怠管理だけではなく経費精算システムなどもあるので企業に応じて導入することが望ましいといえます。経費精算システムでは人的ミスを回避することが出来る他にも、煩わしい手間も省くことが出来るので業務の効率化を図ることが出来るといえるでしょう。

病気を知ろう

女の人

毎年冬の時期に発生することが多いノロウイルスですが、ノロウイルスは集団感染の危険性がある危険な病気です。二枚貝を加熱せずに摂取することなどで感染する危険性があるので注意が必要です。

詳細を確認する

会社にあったものを選ぼう

男の人

多くの従業員を抱えている企業であれば、給与計算システムはとても便利なシステムとしえるでしょう。従業員数を正しく把握して、会社にあったシステムを利用するといいでしょう。

詳細を確認する